歯の矯正は思ったよりも大切|歯科の重要性を痛感

歯のチェック

信頼出来る医院を選ぶ

歯科

インプラント治療は外科治療に区別されるため、信頼出来る医院に任せる事が重要です。インプラント治療を行う事で、天然歯と変わりない噛み心地を得る事が出来ます。顎の骨に歯根を埋め、その上から人口歯をかぶせる治療になるため、顎の骨の状態良い事が条件です。

詳細へ

美しく白い歯にする治療

歯科

歯の美白は歯科クリニックの審美歯科でしてもらえます。漂白剤を用いるオフィスホワイトニングは、オリジナルの歯よりも真っ白にできます。手軽にできる歯のマニキュアや、半永久的に効果が持続するラミネートべニアもあります。

詳細へ

歯の美しさの重要性

白い歯

東京都には多くの審美歯科があり、歯の様々な外見上の悩みを解消できる治療を行っています。特に人気の治療に歯を白くする治療、歯並びをよくする治療が挙げられます。白く歯並びの良い歯を目指す方は、カウンセリングをお勧めします。

詳細へ

子供の歯の悩み

歯医者

小児の矯正のステップ

子供の歯の矯正は咬合誘導も兼ねており、アゴの骨格バランスだけではなく、成長途中のアゴの小ささを整える治療と歯の位置を整える2段階での矯正が歯科クリニックなどの医療機関では提案されています。幼少期に歯の矯正を行うことによって、歯抜や外科などによる骨を削る・切るなどの大きな手術などの可能性が減らせます。歯科クリニックなどでは、治療開始時期として12歳頃までを推奨しており、遅すぎることで将来負担になることはあっても早い時期から相談することはデメリットの判断もつきやすく、保護者にとってもメリットと言えます。治療期間や通院間隔なども、歯の矯正の治療方法や使用する器具によって選択できる内容で、終わりが見えない治療ではないのも知っておきたい情報です。

デメリットが少ない

歯並びや子供の発達状態などによって歯の矯正の方法も違いがあり、1人1人に適した医療が歯科クリニックなどで提案されています。子供の歯の矯正を相談する保護者は増えており、歯並びの問題までが解決できる点が評価されています。治療期間や費用も成人した後の矯正よりも少なくて済む他、成人の男女は見た目を意識するものの、子供の場合には食べる行為や発声や発音などの機能の発育を促すことができる点で支持されています。また、歯科などでの治療ではデメリットもありますがメリットに置き換えることが可能な点も評価されています。例えば、装置の管理などは治療効果に直結するため、保護者との協力性も身に付けられます。治療が長期化するデメリットも、予後にトラブルなどのリスクが減らせるメリットに繋げられるため、小児の矯正は人気を集めています。